人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかゆを炊きたいが、鍋を使っておかゆを作るのは面倒くさい…というときもある。 
そんなときのために、手軽にレンジで作るおかゆの作り方をご紹介。
【材料 一人分】
 今回は10倍かゆの作り方をご紹介します。

・お米 大さじ1
・水 1カップ(200ml)

【作り方】
・深めの器にお米と水を入れる。ふきこぼれる可能性があるので、器はどんぶりなど、深さがあるものの方がよい。
レンジOKの食品保存用のタッパーなどは浅いため、ふきこぼれてしまう。
水加減は、10倍かゆなら、お米の10倍の水を使うのが定番レシピだが、レンジで作る場合は若干水加減を多めにした方がいい。
お米浸水

・器にラップをする。端の部分は1~2センチほど残して、蒸気穴を作る。
ぴったりラップしてしまうと、空気の逃げ場がなく吹きこぼれ&爆発する可能性も。
ラップをしたら、まずは電子レンジ500W(強)で5分加熱。
次に電子レンジ200w(弱)に切り替え、12~14分加熱。
12分過ぎたら様子を見て、加熱が足りないようなら1分ずつ加熱する。

・ラップをしたままそのまま10分ほど蒸らす。
蒸らす前はこんな感じです。おかゆはできてますが、まだサラサラした感じです。
レンジから取り出すときは、器がものすごく熱くなってるので、十分に注意を!!!
かゆむらす

・10分蒸らせば、レンジで作るおかゆの完成!とろっとろ
おかゆレンジ完成
-------------------------------------------------------------------------------------
レンジは一人分のおかゆを作るのに便利。この倍の量のおかゆを作るときは、面倒でも2回に分けて作ったほうがいい。
なぜなら! 
加熱するとき、器から吹きこぼれてしまうからだ。

いつも私は思いついたときにおかゆを作るので(子どもは親の都合おかまいなしで、待ったなしで「おなかすいた~」と言うしなあ)、お米を水につけず、すぐにレンジで加熱してしまう。が、今回紹介したレシピだと、浸水なしでも芯が残ることなく作ることができる。ブラボー!なのだ
ポイントは加熱したあとの10分の蒸らしです。 蒸らせばふっくら!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
ちょっと用途が違うのですが、
10倍がゆのレシピで5か月の息子v-521
離乳食をスタートしました♪
分かりやすく書かれており写真も掲載されてましたので
うまく作る事が出来ましたv-352!!
2012/08/01(水) 17:01 | URL | たっくんまま #-[ 編集]
ありがとうございます
コメントありがとうございます♪

上手にできましたか~!お役に立ててよかったです。
離乳食のおかゆは初期のうちは本当に少量なので、毎回大変ですよね(^^;
このレシピは浸水なしでOKなので
急に必要になったときに便利です。
また作ってみてくださいね。
2012/08/02(木) 06:29 | URL | kerozo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/98-5b38e96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。