夏風邪とは

kerozo

夏風邪とは、夏にかかることの多い風邪のこと…といったら、その名の通りで身もフタもないが
冬に流行する風邪とは大きく異なる点がある。
そのポイントとなるのが「高温多湿」だ。
風邪の原因となるウィルスは現在確認されているだけでも200種類を越え、
その多くは、低温と乾燥が大好きなタイプ。
空気が乾燥し、気温が低い冬に風邪が流行するのはそのためだ。
風邪症候群のほか、インフルエンザなどもこれに該当する。

人間にもマイナーな好みの人がいるように、
風邪ウィルス界にも例にもれず、「高温多湿」というマイナーな環境が大好きな物好き(?)ウィルスがいる。
それが、夏に流行する「夏風邪」の原因ウィルスだ。
ジメジメし、気温が高くなる6月~8月になると、大暴れする。

その物好きな夏風邪ウィルスは…
・エンテロウィルス(コクサッキーウィルス、エコーウィルス)
・アデノウィルス
…等が挙げられる。

このウィルスが原因で発症する病気は、ヘルパンギーナや手足口病、プール熱など。
「えっ?これって風邪なの?」と驚く人も多いかもしれないが、
れっきとした「夏風邪」の仲間なのだ。

夏風邪の症状はこちら
スポンサーサイト
Posted bykerozo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply