人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもがかかることが多いヘルパンギーナと手足口病。
しかし、まれに大人にも感染することがある。
ヘルパンギーナ、手足口病とも、原因となるウィルスが1種類ではない。
はしかやおたふく風邪のように、一度かかったら免疫ができるわけではないため、
悲しいかな、何度もかかる可能性があるのだ。

両方とも、子どもがかるケースが多いが、
疲れや病後で抵抗力が低下していると、
大人もかかることがある。
「子どもがかかる病気だからね」と油断していると、
移ってしまう場合もあるから注意するにこしたことはない。

くしゃみや咳で感染するのは、通常の風邪と一緒だが、
便からウィルスが排出されるので、
赤ちゃんや幼児のオムツ替えのときは、
ウンチの扱いや手洗いを徹底した方がよい。

【症状】
子どもの症状と同じだが、子どもよりも熱が高かったり、
炎症が長引く場合もある。
反対に子どもより抵抗力があるせいか
軽くすむ場合もあり、ケースバイケースとも言える。

-------------------------------------------------------------------------
かくいう私も昨年の夏、手足口病に感染したクチだ(泣)
家族はだれも感染していないのに、である。
どこでウィルスをもらってきたかは謎。
家族に感染者がいなくても、
夏の時期はどこからか、ウィルスをもらってくる可能性があるといえる。

口の中の発疹は、口内炎がボツボツ出てきたなあと思う程度。
胃でも悪くしてんのかナ~、飲みすぎたんかなと思う程度。
のども少し痛む程度だったが、
手と足の発疹はすごかった。
面白いほどに、手と足にくっきり!!!

熱は、普通の手足口病なら、せいぜい38度程度と聞くが、
私の場合は40度近くまで上がり、
夏の暑い時期、この高熱は辛かった。

病院に受診したが、熱さましを処方してもらっただけで、
自然治癒を待ちましょう、という結果。
安静し、体力回復を促すのががベストな対応なのだそうだ。

その後、家族にうつったかというと、
5歳以下の子どもが2人いるというのに誰にも感染しなかった。
「そばに来ちゃダメ!」と言ってもまとわりついてくるチビたちで
感染は覚悟していただけに、不思議なものである。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あたしも3日前からやりまして40度近い熱がでました(^_^;)
つらいですよね(´・ω・`)
2011/08/03(水) 18:40 | URL | あかね #ZpiZsxmM[ 編集]
あかね様
コメントありがとうございます。
私も本当にキツかったです。私の周囲には、子どもの手足口病がうつり、高熱が出るタイプが多いです(^^; お互い、気をつけたいですね~!
2011/08/09(火) 10:45 | URL | kerozo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/84-9c3f80a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。