手足口病の症状

kerozo

単純に、いやいや、的確に状態を表現している病名が印象的な「手足口病」。 5歳以下の子どもがかかることが多い病気だ。
【手足口病の原因】
コクサッキーウィルス、エンテロンウィルスの感染によっておこる夏風邪の一種。
咳・くしゃみで感染するのはもちろん、
ウィルスは便からも排出されるので、オムツ替えの時に便を通して感染してしまうこともある。

【手足口病の潜伏期間】
1~5日

【手足口病の初期症状】
多くは、口の中に白い点々(発疹)ができることから始まる。
手や足の発疹は赤っぽく、だんだんと水泡に変わっていく

【手足口病の症状】
病名のとおり、手のひら、足の裏に赤い発疹ができるほか、口の中に水ぶくれ(口内炎)ができる。
発疹は手足のほか、ひざやおしりに出る場合もある。かゆみはあまり強くない。
熱は37度~38度くらい出ることが多いが、まれに39度以上の高熱が出る場合もある。

鼻水や嘔吐など、通常の風邪の症状を伴うこともある。

口の中にできた水ぶくれは、つぶれると痛み、
食べ物や飲み物を飲み込んだときに痛む。

【手足口病 登園・登校は】
熱や発疹は長くても1週間程度でよくなるが、発疹がすっかり消えるまでは感染する。
しかし、ウィルスは便から長期間排出されるので注意が必要だ。
熱が下がり、発疹が消えたらかかりつけの医者の診察を受け、
登園(登校)許可をもらえば安心だ。

手足口病のホームケアはこちら

スポンサーサイト
Posted bykerozo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply