人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルパンギーナは、初夏~盛夏にかけて、幼稚園や保育園などで流行することが多い夏風邪の仲間。
主に子どもがなることが多いので、子どもがヘルパンギーナになって、はじめてこの病名を知る人も多いのでは?
ただでさえ暑い時期に、高熱を出す症状は本人はもちろん、見ている方もつらいもの。
ヘルパンギーナは飲み込むときにのどを痛がるのが特徴だが、
こまめな水分補給を心がけよう。

【ヘルパンギーナの症状】
突然、高い熱(38度~39度)が出るのと同時に、強いのどの痛みが出る。
のどの痛みの原因は、のどちんこの付近に水ぶくれができるため。
また、のどだけではなく、口の中も小さな水ぶくれや口内炎ができて痛む。

つばを飲み込んだり、食べ物を食べると痛むが、
まだ言葉を話せない乳児の場合は、グズったり機嫌が悪くなる。
おっぱいを飲むと痛むので、おっぱいを飲むのを嫌がったり、
つばを飲み込むと痛くなるため、よだれを口から多く出すケースもある。

【ヘルパンギーナの原因・感染経路】
コクサッキーウィルスA群…という、
なんともサクサクとした美味しそうな響きを持つウィルスに感染しておきる。

咳やくしゃみのほか、乳児がかかった場合、ウィルスが含まれたウンチから感染する場合も。
治ったあとも、便からはウィルスが排出されるので、
しばらくは排泄物の扱いには注意が必要。

【ヘルパンギーナの潜伏期間】
約1日~5日

【ヘルパンギーナ 登園・登校は】
ヘルパンギーナのウィルスは、治癒してからも便から排出されるため、感染期間は2~4週間と長い。
しかし、そんな長い期間、登園・登校不可となることはなく、
多くは熱が下がり、のどの痛みが消え、食事も普通に取れるようになったらOKとなるようだ。
とはいえ、うつる病気なので、自己判断ではなく、かかりつけの先生の判断を仰ぎたい。

学校伝染病として指定されているケースもあり、
その場合は熱が下がって、水泡・口内炎が治り
のどの痛みが消えてから登校OKとなる場合が多い。
---------------------------------------------------------------------
ヘルパンギーナの熱は1~4日程度で下がる。

のどの水ぶくれは3日ほどでつぶれて潰瘍になるが、
完全に潰瘍が治るまでは1週間程度かかる場合が多い。
のどの痛みが不快なので、グズグズとした不機嫌っぷりが長引くことが多いが、
いつまでも熱が下がらなかったり、頭痛、嘔吐の症状があったら、まずは病院へ。
まれに無菌性髄膜炎を起こすことがある。

ヘルパンギーナのホームケアはこちら

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/81-9f5f43df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。