風邪に効く漢方薬って??

kerozo

風邪のときに飲む薬といって思い浮かぶのはパブ○ンやコン○ックなど
ドラッグストアの棚でおなじみの総合感冒薬ではないだろうか?
これらは、せき・鼻水・くしゃみ・発熱など風邪の諸症状を抑える、対処療法の薬。
それでは漢方薬はどうなのだろうか?

漢方薬というと、慢性病の治療に使われることが多いため、
効き目が出るのが遅いというイメージがある。
しかし、風邪の症状をおおまかに「表寒」「表熱」の二つに分け
その状態に合った薬を服用することで
スピーディに症状を改善することができるという。

表寒のタイプは
 ・寒気がする
 ・透明な鼻水が出る
 ・肩や首すじがこる
といった、風邪のひきはじめの症状。

体が冷えているので、温めることに重点を置いた治療が必要。
「葛根湯」がこのタイプの風邪には効く。

表熱のタイプは
 ・熱っぽい
 ・のどが腫れて痛い
 ・色が付いた鼻水が出る
体に熱がたまり、症状が出ているので
余分な熱を冷ますことに重点を置いた治療が必要。

風邪は進行が早いので、その時の症状に合った薬を服用することが大切。
ゾクゾクくる症状が進み、のどが痛みはじめたときに
葛根湯を飲んでも効果は薄い。
漢方薬を使って効果的に風邪を追い出すためには
専門の知識を持った医師や薬剤師に相談するのがベターかもしれない。

お役に立てたらおひとつクリック→ 人気blogランキングへ


スポンサーサイト
Posted bykerozo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply