人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おたふく風邪は、発熱から始まることが多い。
普通の風邪のように、37度~38度の熱なので
「風邪ひいたかな?」と思うことが多いようだ。
だが、中には発熱はせず、耳の下の腫れでおたふく風邪と気づく場合もある
耳の下からあごにかけて腫れるのがおたふく風邪の特長。
発熱と同時に腫れが見られることが多いが、
腫れの大きさも個人差がある。

まわりから見て、明らかに腫れているケースもあれば
通常とあまり変わらないほど、腫れない場合もある。
どちらにしても、患部に触れるとかなり痛む。

また、耳の下の腫れが片方だけでおさまる場合と
数日後にもう片方の耳の下が腫れてくる場合もある。
腫れは1週間ほどで引くことが多いが、
中には2週間ほど腫れが引かない場合もある。

おたふく風邪の症状が出る数日前から
耳の下の腫れがひくまでは感染するので
幼稚園など、集団生活をしている場合は注意が必要だ。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/59-bb53a332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。