人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風邪をひき、くしゃみ・咳・鼻水に続いて熱が出たとする。

体温計が指しているのは「39度5分」という高熱!
うわ!大変。風邪薬も飲んだけど、この熱はモンダイだ!
解熱剤(熱さまし)あったかな?と薬箱をゴソゴソ。
…でもこの段階で、ちょっとストップ!!
風邪において、発熱というのは、必ずしも「悪」ではない。
発熱は、体の中に入り込んだウィルスを排斥しようとする、
体の生理的な反応。
ウィルスがダメージを受ける温度まで体温を上げて
体内のウィルス達を壊滅させようと
カラダが頑張っている証拠なのだ。

なので「ウィルス撲滅のために高体温が必要なカラダ」なのに
解熱剤を飲んで体温を下げてしまったら
これは風邪ウィルスの思うツボ。
確かに体温は下がるので「お?治ったか?」と勘違いしてしまいそうなのだが、
ウィルスそのものはまだ体の中にワンサカいるので
風邪が治ったわけではない。
再び、体は高温を欲して「発熱」するかもしれない。
安易な解熱剤の使用は
風邪の回復をズルズルと長引かせてしまう可能性が高いのだ。

とはいえ、高熱が続き、体力消耗が心配される場合や
体力のない小さな子どもが高熱を出してグッタリしている場合には
やっぱり解熱剤(熱さまし)は強い味方。
でも、ここでも注意しておきたいのは、
「風邪薬」と「解熱剤(熱さまし)」の併用。

市販の風邪薬にはあらかじめ解熱作用もあるものもあるから
併用してしまうと、必要以上に体温を下げてしまう可能性もある。
病院で処方された場合は、その辺は考慮されているので安心だが
市販の薬を飲むときは注意した方がよさそうだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
熱はすぐ下げようとするな!とはよく言われて育ちましたからすぐ解熱剤投与とかはしなかったですが・・・風邪薬との併用はしてましたよー;;;
たしかに注意は必要でした^^;
2006/12/16(土) 00:37 | URL | 小太郎 #-[ 編集]
小太郎さん
はじめまして。アクセス&コメントありがとうございます(^^)
私もお医者さんからこの話を聞くまでは、市販の風邪薬と解熱剤を併用していました。市販の風邪薬は、けっこう安易に利用していた気がします(^^; お互い、気をつけたいものですねー!
2006/12/20(水) 06:13 | URL | kerozo #7yu2AX4I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/53-6d25b433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。