人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風邪の予防には、鼻うがいも効果的。
鼻うがいは花粉症の時期にクローズアップされることが多いけれど、鼻腔内についた余計なものを洗い流すという点では花粉も風邪ウィルスも同じ。
「痛いんでしょ?」「難しそう」…NONO、思い切りのよさとコツをつかめば大丈夫!
花粉症の人は来るシーズンに備えるためにも、冬の間、風邪予防と花粉症対策を兼ねて練習しておくのもおすすめ。
鼻うがい用 生理食塩水を作る
まずは生理食塩水を作る。
生理食塩水は塩分0.9%という人間の血液・体液の浸透圧に近い食塩水のこと。これを鼻うがいで使うことにより、水分が鼻に入ったときの「ツーン」が緩和されるのだ。
塩分0.9%となにやら難しそうだけど、今回は鼻うがい用に手軽・簡単にできるやり方で。

<材料>
ペットボトル500ml用 1本
ぬるま湯 500ml
塩 4.5グラム

1)ペットボトルにぬるま湯を入れる。
ぬるま湯にするのが面倒な場合は冷たい水でもいいが、ぬるま湯の方が鼻腔に刺激が少なくやりやすい。
このときに使う水は、浄水器に通したり、一度沸騰させるなどして水道水のカルキを飛ばしたもので。当然のことながら、ペットボトルはよく洗浄しておいた清潔なものを使って。

2)塩を4.5グラム入れる
…と言っても、ンな中途半端な重量の塩なんてどうして計ればいいのサ、ウチにははかりなんてないんザマス…という人も多いだろうから、これまた簡易的なやり方で。
計量スプーンがあれば、小さじすりきり1杯がおおよそ4.5グラム。
ない場合は、またまた簡易的なやり方。利用できるものはトコトン使うの精神で、ペットボトルのフタを使う。
ペットボトルのフタ内側の線(写真参照)ネジ部の凸部分一番上がギリギリ見えるくらいまで塩を入れる。これがほぼ4.5グラム。若干の差はあるけれど、そのくらいの差は大丈夫だと思う。
pethuta.jpg
2~3メーカーのフタを試してみたけれど、皆一様に同じ結果が出たので、だいたい皆、同じように使えると思う(ちなみに私が使用したのは伊藤園・サントリー・日本コカコーラ)
フタも本体と同じように、きれいに洗ったものを使ってね。

3)塩を入れ、振ってよく溶かしてできあがり。

鼻うがいのやり方
人にはあんまり見せたくない姿になります。人払いの用意、いいですか(笑)?

<初心者用>
作った生理食塩水を洗面器に入れる。
片方の鼻を指でふさぎ、洗面器に入れた食塩水の中に顔を浸す。
食塩水をもう片方の鼻で吸い込む。
最初はこわごわ、なかなか吸い込む勇気がないと思うけれどがんばって!
吸い込むとあら、不思議、あのプールで水を吸い込んだような「ツーン」がない!
吸い込んだ食塩水は、口から出せれば出し、出せなかったらそのまま「鼻からダラリ」でも。
もう片方の鼻も同様にして洗う。2~3度繰り返せば十分。

<慣れたら>
コップになみなみと食塩水を注ぎ、その食塩水を片方の鼻から吸い込む。
あればスポイトなどを利用しても。

※雑菌繁殖を防ぐため、作った生理食塩水は一度で使い切る。500mlとは少し多いのでは?と思うかもしれないが、洗面器に入れて使うことを考えるとちょうどいい量。慣れてきた頃に、コップで少量ずつ食塩水を作る方法にチェンジしても。



お役に立ったらおひとつクリック→ 人気blogランキングへ

≪INDEX(目次)に戻る≫
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/51-d150d49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。