焼きネギ

kerozo

焼きネギ  風邪予防・風邪ひきはじめの時期に効果あり!
 簡単度 ★★★★★
 手軽度 ★★★★★
 味   ★★★★★
 お子様向き度 ★★★★



…★作り方★…
<材料 1人分>
ネギ 軽く1本 長さ20センチくらい

<作り方>
・ネギ(白い部分)を20センチほどの長さに切る。
 フライパンの大きさが許せば、もっと長く切ってもよい。
・フライパン、あるいは網などの弱火でじわじわネギを焼く。
 軽く焦げ目がついたら裏返し、またじわじわと弱火で。
 箸でつまみ、全体的に「クタッ」としてくるまで加熱。
・まな板に乗せ、包丁で好みの大きさに切る。
・七味をかけ、しょうゆをチョチョッとかけて食べるのもgoodだが、味噌をつけて食べてもこれがウマイ!味噌汁に入れて食べてもよし、お好みの味加減でどうぞ。

※ネギを長いまま加熱したのは、風邪予防の有効成分である「硫化アリル」を逃さずに調理するため。硫化アリルは揮発性なので、切り口から有効成分が出てしまう。長いままネギを調理することで硫化アリルを閉じ込めることができる。

硫化アリルで風邪予防
ニンニクや長ネギ、玉ねぎのあの独特のニオイは硫化アリルと呼ばれるもの。この硫化アリルには高い殺菌作用があるので、ウィルスにのどをやられた風邪のひきはじめにもぴったり。また体を温める作用もあるから、免疫力を高め、風邪予防にももってこいだ。
焼きねぎは、ねぎが苦手な人にもおすすめの調理法。水で煮込んで加熱したわけではないので、旨さが水分に逃げず、ギュッと濃縮しているのだ。とにかく甘くて食べやすい。ネギ1本を生で食べるのはかなり大変だが、焼きねぎのように加熱すれば、1本ペロリといけるのも嬉しいところ。写真は味噌汁に入れた例だが、お椀1杯でネギ1本を軽く入れることができた。

スポンサーサイト
Posted bykerozo

Comments 6

There are no comments yet.
m.eda  

kerozoさん おはようございます^^
コメントありがとうございました
最近忙しくて更新が空いてますが、今日はがんばって更新したいと思います。
そば湯にルテイン、初耳で勉強になりました。長ねぎは、これからは出来るだけ長いまま使うようにします。確かに・・・!という感じですね。
季節の変わり目は意外と風邪をひきやすいと思いますので、お互いに気を付けましょうね。
ボチッと☆

2006/03/25 (Sat) 10:57 | EDIT | REPLY |   
健康増進アドバイザーMchan  
こんばんは!

kerozoさん、こんばんは!コメントありがとうございました。
焼きネギ美味しいですよね~!!
ネギを長いまま調理する事で硫化アリルを閉じこめる事ができるんですね。勉強になりました。
私もこれから長いまま調理するようにしてみます。

2006/03/28 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   
kerozo  
edaさんへ

おはようございます!
コメント&応援ありがとうございます。
ルティンを摂るために、そば屋さんにそば湯をもらいに行っていた人が親せきにいます。そば湯の中にルティンがよく溶けているそうですよ~。

2006/03/30 (Thu) 06:38 | EDIT | REPLY |   
kerozo  
MCHANさん

MCHANさん、おはようございます。アクセスありがとうございます(^^
焼きねぎ、ほったらかしでもできるので、今冬はよく食べました。ネギは切ってもすぐに食べれば、硫化アリルは摂れるみたいです。でもついつい時間置いてしまいますね(^^;

2006/03/30 (Thu) 06:42 | EDIT | REPLY |   
mika  
はじめまして

面白かったです。また、きますね。

2008/11/19 (Wed) 16:44 | EDIT | REPLY |   
rabi  

初めまして。
風邪に効きそうv-221
少し風邪気味なので、作ってみたいな~~v-238

2009/01/06 (Tue) 13:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply