病院で処方される薬は効く?

kerozo

「な~んか市販されている風邪薬よりも、病院でもらう薬の方が効くんだよなあ」

という人も多いのではないだろうか。
市販薬は飲んでもボンヤリとした効果しか感じられないのに対し、病院でもらう薬を飲むと症状が好転するのが早い…気がする。
病院でもらう薬は、市販薬とは違う何か特別な成分が入っているに違いないと思いがちだが、意外や意外、基本的な効能はほとんど同じなのだとか。
ただ異なるのは風邪薬以外に「抗生物質」を処方されるということ。
「抗生物質が風邪のウィルスを殺してくれるから、治りが早い」とついつい考えてしまうが、ナント抗生物質自体にはウィルスをやっつける力はないというのだから驚きだ。

じゃ、何のために抗生物質を処方されるのよ、という話になるが、この抗生物質というモノは「細菌性」の病気によく効く薬。
風邪が悪化して「肺炎球菌」という細菌に感染し、「肺炎」になるのを防ぐために、あらかじめ処方される。つまりはそれほど症状が重くない風邪の場合、抗生物質を飲んでもその効果はない。それどころか服用することによって耐性菌という恐ろしい菌を作り出してしまう可能性もあるわけだ。

なのに抗生物質を処方されるのは何故か???
それは、日本人が世界に類を見ない、薬好き民族であるということが挙げられる。
「せっかく病院に行ったのに、単なる風邪薬だけを処方されたのでは不安」
「抗生物質を飲むと、風邪の治りが早い気がするので処方してほしい」
そんな患者の声が多いのだとか。
また、軽い風邪である患者が受診したとして、その後患者側の不摂生により風邪をこじらせても、抗生物質をあらかじめ処方しておけば、肺炎になるリスクは低くなる。そのための保険としての位置付けもあるのかもしれない。

お役に立てたらおひとつクリック→ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
Posted bykerozo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply