うがい~ただいまの後は~

kerozo

意外なことに、うがいは日本独特の風邪予防法なのだとか。そして予防のため、うがいによく用いられるヨード液のうがい薬は、実は水よりも予防効果が低いという実験結果もある。

詳しくは…
風邪の予防には水でうがいを ヨード液では予防効果なし

京都大保健管理センターの川村孝教授(内科学・疫学)らが全国調査を実施。
18歳から65歳の男女384人を、

◇1日3回以上水でうがい
◇同様にヨード液でうがい
◇うがいしない

の3集団に無作為で分け、冬(12月から翌年3月)に風邪をひくか調査。
結果、水のうがいでは風邪の発症率が4割低くなったが、
ヨード液のうがいには明確な予防効果はなかったという。



一方、インフルエンザのウィルスは、喉に付着した場合、約20分で細胞内に取り込まれてしまうために、効果が限られているという説もある。とはいえ、喉のコンディションを整え適度な湿度を与えるには十分な効果があるので、毎日の習慣にしておいても損はなさそう。

さて、そのうがいのやり方。
近所の薬局でもらったパンフレットによると、

「水を一口含んで」
「顔を上にあげ、喉の奥の方にまで水が行き届くように喉を開き」
「ガラガラと5秒間うがい」
「水を替えて、それを3度繰り返す」

実際にやってみたのだが、5秒間は意外に長いのだ。
のどの奥に水が行き届くように気を配ると、
5秒の間に、うっかり水が喉の奥の奥に入ってしまい、
ゲホゲホと咳こみそうになることも度々。
奥深し、うがい道。

スポンサーサイト
Posted bykerozo

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply