人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風邪の症状と言っても、ひとことで表現できないくらい幅広い。 一般的には、風邪薬の裏書にある「風邪の諸症状」にあるように 「咳・くしゃみ・のどの痛み・鼻づまり・鼻水・発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛・悪寒」等が 主な症状のようだ。
【風邪の初期症状】
体内に侵入してきたウィルスを体外に出そうとする、体の防御反応が始まる。
・鼻かぜ(透明な鼻水が出る、鼻づまり)
・のどの痛み、のどがイガイガするなどの不快感
・悪寒
・軽い咳やくしゃみ
乳児の場合は機嫌が悪い、食欲がないなどの症状が同時に出ることが多い。

【風邪の最盛期の症状】
1~3経つと、体内に入った風邪ウィルスの力を弱める抗体を作るために、体は発熱する。
・発熱(37~39度が多い)
・頭痛
・鼻水、鼻づまり(粘りのある鼻水)
・咳、くしゃみがひどくなる。
・つばを飲み込むとのどがかなり痛む。
・関節痛
・筋肉痛
・全身倦怠感

上記の症状に加え、下痢や嘔吐といった症状が出ることもある。
乳児は体温調節がうまくできないため、39度以上の高熱になることも。
子どもの場合は、高熱時に嘔吐したり、発疹が見られるケースもある。

【風邪の回復期の症状】
・熱は2~3日程度で治まる。
・咳やくしゃみ、鼻水が残ることがあるが、1週間程度で回復する。

【こんなときは要注意!すぐ病院】
・咳がなかなか治まらない
・呼吸時のゼロゼロが長く続く
・下痢が長く続く
・発疹が見られる
・鼻水が黄色~緑色に変わり、なかなか治らない
・高熱が続く
・激しい頭痛が長く続く

風邪に似た病気は、インフルエンザ、RSウィルス感染症、気管支炎、マイコプラズマ肺炎、百日咳、副鼻腔炎、扁桃炎、風疹など多数ある。子どもの場合、症状が一気に進んでしまう場合もあるので、何か違うと感じたら迷わず専門機関を受診したい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/104-d6fba35c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。