人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手作りのジンジャーエールは市販のそれとは異なり、しょうがの風味がきわだち、かなりパンチのある味だ。
何より、手作りジンジャーエールを飲むとカーッと体が温まる。風邪のひきはじめにはぴったり。
冷たい炭酸水で割るので、熱があるときや夏風邪のときにも適していると思う。
カンタンに手作りできる、手作りジンジャーエールの作り方を紹介しよう。
ジンジャーエール
★手作りジンジャーエール 作り方
【材料 しょうがシロップとして】
しょうが 100グラム
砂糖   150グラム(はちみつで代用してもOK)
水    150CC
炭酸水

【作り方】
・しょうがをたわしなどを使って、よく洗う。
・皮ごと、1~2ミリ程度の薄切りにする。
・鍋に薄切りにしたしょうが、水、砂糖を入れて、とろ火で20~30分ほど煮る。
・冷めたらしょうがシロップのできあがり。
・炭酸水でシロップを好みの濃度で割れば、手作りジンジャーエールの出来上がり。
-------------------------------------------------------------------------
■手作りジンジャーエールの味は
炭酸が苦手な人は、炭酸水ではなく、水で割って飲んでももちろんおいしい。
お湯で割れば、寒い冬のドリンクにもぴったり。
しょうが湯のように、本当に体が温まる。

味は先にも書いたが、手作りジンジャーエールは
かなりパンチが効いていて飲みごたえがある。
清涼飲料水のジンジャーエールの味を想像して飲むと「?」となるかもしれないが
慣れるとこれば、クセになる味わいだ。
風邪のときはもちろん、お風呂上がりなどのドリンクにも手作りジンジャーエールはぴったり。
飲むと、シャキッと背筋が伸びる感じが心地いい。

手作りジンジャーエールは、子どもにはちょっとパンチ効きすぎかもしれない。
子どもに与える場合は、
炭酸水よりも水で割ったドリンクの方が飲みやすいかと思う。

蛇足だが、週間モーニングのマンガ「リーチマン」が最近私が好きなのだけど、
このマンガでも、この手作りジンジャーエールについて書かれていた。
「売っているのより辛くていいにおい」
「飲めば力がわく」という表現があったけれど、まさにその通り!
作り方は簡単なので、ぜひ試してほしいレシピだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/103-057edc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。