人類誕生後、いつの世でも悩まされていたであろう「風邪」に対する情報をわらわらと集めてみました。予防法から療養法などなど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィルスに感染する機会を減らすこと、そしてあらかじめ感染しにくい体を作っておくことがポイント。

詳しくは…
体力が弱っている人やお年寄り、小さな子どもは人ごみに出ることをなるべく避けよう。とはいえ、社会生活を営む以上、どうしても外出しなければならない場合もあるわけで、そんな時はマスクに出番を要請願いたい。鼻や喉の湿度を一定に保ってくれる。まめに抗ウィルス効果のあるお茶で水分補給するのもいい方法。体温が下がると免疫力が下がるので、保温対策は十分にすることも大事だ。
外出先で付いたウィルスを家の中まで持ち込まないように、外出後は洗面所へ直行。うがい、手洗いを徹底的にしたい。

気温が低く、空気がカラカラな日本の冬は、インフルエンザウィルスにとってはパラダイス。調子に乗ってるウィルスの動きを止めるには、部屋の湿度を高めることが大事だ。空気中に浮遊したウィルスは、湿度が高ければ落下し死滅するので、湿度を60%~70%に保つことを心がける。加湿器があればベストだが、ない場合はスプレーでまめに湿気を加えたり、濡れたタオルを干しておくことでも十分な効果が期待できる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazechie.blog47.fc2.com/tb.php/10-bcb41d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。